源暎フォント置き場
御琥祢屋/おこねや

おたもん おたもん(o_tamon)
ツイッター リンク ニコ動 リンク ピクシブ リンク
絵を描いてみたり、MMDでらぶ式ちびミクを愛でてみたり、MMEのエフェクトを書いてみたり。フォント改変にも手を出した。


製作経緯

 Pixiv やニコニコ静画などのイラスト投稿サイトの人気により、興味があるなら誰でも漫画を描いて発表することが出来るようになりました。

 発表する場だけでなく制作環境を見ても、無料でも漫画が描けるツールやペン付きタブレットなどの普及もあり、Web 漫画などを描くための敷居も低くなってきています。
 ただ漫画に不可欠なセリフに用いるフォントの中でも一番使われるアンチック体を無償や安価なフォントで探してみてもクセが強すぎたり、ひらがな・カタカナのみで漢字を別のゴシック体と混植する必要がありました。

 そんな中で Unicode でカバーしている漢字をすべてサポートした「源ノ角ゴシック」が登場し、そこにオリジナルのアンチック体仮名を組み合わせたオープンソースフォント「新コミック体」がフォント910 さんから配布されました。


 HONOKA Project さんと共同で製作されたという新コミック体は今までみたフリーのアンチック体フォントの中ではダントツで使いやすい・使ってみたいと思う書体でした。
 ただ実際に漫画のセリフに使うと、漢字と仮名と欧文のそれぞれの太さが揃っていなかったり、弱いとはいえ線の強弱がある仮名と普通のサンセリフ体な従属欧文が合ってないのが気になってきます。(そういった細かい部分が気になるぐらいに他部分の出来が良いという意味ですが……)

 気になるなら自分で弄れ!というのがオープンソースフォントの醍醐味だと思っているため、源暎フォントの第二弾として自分好みに改変した「源暎アンチック」を公開いたします。

変更点・特徴


  • ひらがな・カタカナの改変

     仮名を漢字と同じ太さに見えるように調整。オリジナルでは小振りで懐が狭めなデザインを縦組み・横組みで使いやすいように正方形寄りに広げるとともに、自分好みな仮名デザインにしてみました。
     バランスやサイズの参考として源暎ゴシックを用いたので漫画のセリフなどに源ノ角・源真・源暎ゴシックを混ぜて使っても違和感が少ないと思います。

  • 従属欧文の改変

     新コミック体は源ノ角ゴシックの欧文をそのままです。そして漫画で実際に使われるアンチック体に組み合わせる書体は記号に明朝体のものを使用し、アルファベットや数字にはゴシック体を使うのが一般的です。
     個人的には混植する欧文は仮名に合わせるほうが好みですので線画に強弱のあるタイプを、加えて漢字はモダンなサンセリフゴシック体なので欧文もサンセリフ体を、という条件を満たすフォントとして「Linux Biolinum」をお借りしました。
     そのままお借りしてもサイズや太さ、コントラストが大きく違うので漢字や仮名に合うように調整すると、ゴシック体的でもあり明朝体的でもある従属欧文の完成です。


  • 漢字の組み合わせ

     新コミック体はOTEditを利用して製作されており、源ノ角ゴシックの漢字などを読み込むにあたり全てカバー出来ておらず空白になっているグリフがあります。
     そのため源暎アンチックでは漢字や記号に源暎ゴシックをそのまま用いることで、源ノ角ゴシックや源暎ゴシックとの互換性を確保し、数多くの異体字を使用することが出来ます。

  • 【Ver 1.1】 記号の改変・上書き

     源暎アンチックは汎用的なゴシック体である源ノ角ゴシックをベースに改変されているため、漫画向けの記号等は用意されていません。
     そこで自由なソフトウェアライセンスで公開されているアンチック体フォント「GL-アンチック」から、なぜか漫画用記号として有名な BA-90 や怒りマークなどいくつかの記号をお借りしました。
     他にも?を漫画などで一般的なケルン付きに変更し、!と組み合わせた合成済み文字の正体と斜体とをそれぞれ用意しました。リサイクルマークが割り当てられている部分に上書きしてありますので、詳しくは同梱の PNG 画像をご確認ください。


  • 【Ver 1.2】 Bold ウェイトの追加

     源暎アンチックは漫画などで絵よりも主張しすぎないよう、細めのウェイトになるように製作されています。
     しかし用途や文字サイズによっては弱すぎるように感じてしまうため、若干の太字化処理を行った「源暎アンチック Bold」を同梱しました。

     写植時代のアンチック体の太さ程度になるように調整してありますが、単純な機械的処理なため品質はお察しください。


  • 【Ver 1.2】 一部アプリで縦書き時の行間が開きすぎてしまうことへの対策

     AviUtl や AzPainter2 などの Windows アプリケーションにおいて、縦書き時の行幅が本来の幅ではなく「フォント内の全グリフの一番左端から一番右端まで」になってしまうために源ノ角ゴシックとその派生である源暎フォントでは見掛けの行間が 200% も開いてしまいます。
     そのため一部の文字の幅や位置を変更することで見掛けの行間が約18%程度に収まるように変更してあります。変更したグリフを使用した場合に正しい描画になりませんが、日本語環境では使われないグリフのため問題になる可能性は低いと判断しました。ご了承ください

フォント組版例

漫画セリフ(引用元:鋼の錬金術師 1巻)



縦組み



横組み


今後の予定

 ギリシャ語など英文アルファベット以外が若干太い状態なので修正できたらいいな。
 より太い・細いウェイトの拡充予定はありません。

Twitterでシェア はてなブックマークに追加 Pocketで後で読む